野鳥講演会 雪国の鳥を訪ねて(県立自然科学館との共催行事)

講演テーマ「新潟県に飛来するガン類の生態について」

雪国に生きる鳥の生態を調べている研究者のお話をお聞きします。
会員でなくても自然や野鳥に興味のある皆さん、自然と鳥について関心を深める絶好の機会です。参加をお待ちしております。

『福島潟に飛来するガン類とその生活について』

水の駅ビュー福島潟 成海信之氏

福島潟は国内でも有数のガン類の越冬地です。オオヒシクイとマガンなど2,500羽が飛来し、近年はシジュウカラガンなどの飛来数も増加傾向にあります。渡来状況や越冬生活について、お話をお聞きします。

『海のガン コクガンの生態について』

コクガン共同調査グループ・新潟県水鳥湖沼ネットワーク 田村智恵子氏

日本列島に越冬のため飛来するコクガン。本種は他のガン類と異なり、日本海側~太平洋側の沿岸部に飛来し、岩礁・海岸などで越冬する。本種の特徴的な生態について、お話をお聞きします。


※今年度は感染症拡大防止対策、受付時の混雑を避けるため可能な限り事前申込でお願いします。メールフォーム・SMS・FAXにてお申込お願いします。

開催日 2021年1月17日(日)
時間 13:00~15:30
会場 新潟県立自然科学館 講堂(1F)
新潟市中央区女池南3-1ー1
定員 35名  (受付中! ※まだ空きあります。)
事前申込・問い合わせ先 事務局 メール( sashiba49@outlook.com ) 

SMS( 090-8778-3492 )  fax( 025-792-0907 )

 

◎開催場所

自然科学館会場

 

前の記事

寺泊港・出雲崎港探鳥会

次の記事

鳥屋野潟公園 平日探鳥会