日本野鳥の会について

日本野鳥の会は1934年(新潟県は1978年)に創設されました。全国に84の支部と4万人(新潟県は300人)の仲間がいる日本最大の自然保護団体です。自然と人が共存する豊かな社会の実現を目指して活動を続けています。野鳥や自然の素晴らしさを伝えながら、野鳥に関する科学的な知識、自然保護の普及活動などを通して、人間性豊かな社会づくりに貢献しています。
自然の中に生きる鳥を「野鳥」、鳥を観察する「探鳥会」という言葉は創設者である中西悟堂が造った言葉です。