冬はバードカービング

雪国の冬。皆さんはどのように過ごしていますか。天候が良ければ、湿地や湖沼に集まるガンやハクチョウを見るのも良いでしょう。でも雪のたくさん降る日はどうしますか? 

雪の降る日は冬はバードカービングはどうでしょう。12月12日(日)「水の駅ビュー福島潟」で行われたバードカービング体験教室に参加して来ました。以前は2日間かけて制作していただけあって、午前2時間30分、午後2時間30分、お昼を挟んで5時間の制作時間でも足りないくらいも感じです。「もっとやりたい!」と思うほど集中して制作できました。

木材のジェルトンは木目がなく彫りやすいのが特徴です。初めは、厚みがあったシジュウカラが、だんだんとスリムなり、鳥らしく丸みが出てきました。

形ができたら、羽根を彫ります。次にジェッソ(下塗り剤で白色)を塗ります。最後にアクリル絵の具で色を塗って完成です。

後半は時間がなくなって、無言で集中! 細部は目をつぶってなんとか完成しました。バードカービング体験教室を開催していただいたビュー福島潟のスタッフのみなさん、制作指導していただいた鳥彫会のみなさん、一緒に体験した参加者のみなさん、ありがとうございました。

前の記事

紅葉染まる秋の銀山平