会報「野鳥93号」・「鳥だより№31」を発行しました。

暖かな春の日差しに誘われて、県内各地でツバメやウグイス、サシバなどの夏鳥たちの姿が見られるようになりました。会報「野鳥93号」と「鳥だより№31 2022春号」を発行しました。新年度もよろしくお願いします。

会報「野鳥93号」は、2020年12月に刊行した「自然史 新潟県の野生鳥類は今」の第3章、新潟県鳥類目録に記載された447種について、刊行後新しく寄せられた稀少種の飛来記録を特集しました。

1p 鳥のいる風景 オオアカゲラ

2~3p 特別寄稿 「Today’birds,tomorrow men」

4p キバラガラの観察記録

5p ノハラツグミ・ギンムクドリの観察

6p 村上市におけるシラガホオジロの観察記録

7p クロヅルの観察記録

8p 五十嵐川に飛来したソリハシセイタカシギの観察記録

9p 阿賀野川に飛来したソリハシセイタカシギ

10p コウノトリの群れ上越市に来訪  

11p サンコウチョウの繁殖記録

12p とりびより  color special

 

会報「鳥だより№31 2022春号」は、2~3ページ鳥の世界への誘い、4~5ページ探鳥会のご案内、6~7ページは昨年度探鳥会の観察記録の一覧です。探鳥会・総会の参加をお待ちしています。

1p 絵で見るフィールド図鑑 「コルリ」

2P 野鳥観察beginner講座2 「見るから 観ることへ」

3p 鳥と自然と私の交叉点(1)・ 私の知らない野鳥の世界(8)

4p 探鳥会案内4月~5月  ・  令和4年度総会と五頭山麓探鳥会の案内 

5p 探鳥会案内5月~6月  ・  ゆかいな鳥たち(3)4コマ漫画

6p 令和3年度探鳥会の観察結果一覧

7p 令和3年度探鳥会の観察結果一覧 ・ 新入会員の紹介・ 編集後記

8p とりびより(4コマ漫画)

※次回発行 6月下旬 会報「鳥だより№32 2022夏号」

前の記事

洋上風力発電の対応について