朝日池探鳥会下見レポート 10月22日(金)

探鳥会1ヶ月前、秋の朝日池に行って来ました。下見にしては、少々早いのですが、冬鳥シーズン前の朝日池の様子を紹介します。

湖面は水が少なく、繁茂していたハスの間に多くのマガモ、コガモ、カルガモたちが群れていました。

ハクチョウやマガン、ヒシクイは池の周囲にある農耕地にでかけている時間帯のため、数羽が見られる程度でした。

到着早々、短い時間ながらハヤブサとミサゴの狩りの場面に遭遇するなど幸運な観察を楽しむことができました。

秋空の朝日池 湖面にはハスの狭間にカモたちが憩う

観察された鳥

ヒシクイ4、コハクチョウ5、マガモ多数、カルガモ、ハシビガモ、オナガガモ、コガモ多数、カイツブリ、カンムリカイツブリ6、カワウ8、アオサギ7、ダイサギ6、オオバン、ハマシギ6、ミサゴ、トビ4、ハヤブサ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ハクセキレイ 計20種