皆さんから寄せられた質問に「野鳥のプロ」が優しくお答えします。

ハクチョウはどこからやって来る??

ひすいさん

冬になるとよく見かけるハクチョウはどこからやって来るのですか?

カワ太郎

シベリア極北地方で繁殖し、繁殖地が雪と氷に閉ざされる冬季に日本にやって来て冬を過ごします。
北海道の北端の稚内から2500㎞北方のツンドラ地帯です。地図で調べてね。

鳥の羽を拾いました

ひすいさん

公園で鳥の羽根を何枚か拾いました。羽根の落とし主を調べたいのですが、どうしたらよいですか?

カワ太郎

まず、拾った羽根は家庭用の洗剤で洗いましょう。乾いてきたらドライヤー等で乾かし、チャック付きのビニール袋で保管します。

ひすいさん

羽の持ち主はどうやって調べますか?

カワ太郎

家に羽根の図鑑がある人…大きさからどのくらい大きい鳥の羽根なのか、どこの部分の羽根なのか見当をつけます。

カワ太郎

家に図鑑のない人…学校や図書館で調べましょう。 ビニール袋に入れてあると持ち運びに便利です。

多くの鳥の羽根が茶色や白、灰色(スズメ、ホオジロ、ヒヨドリなど)です。特徴ある羽根の鳥、特徴のある羽根の部分がある鳥は意外と少ないので、すぐわからなくても後でわかったり、教えてもらえるので、拾った場所、環境、月日などをビニール袋に記入しましょう。

カラスは何を食べていますか?

ひすいさん

真冬にカラスは何を食べているのか教えてください。 コロナ禍で飲食街のゴミも少なく、虫や実が少ない冬にどうやって生き抜いているのでしょう。

カワ太郎

カラスはゴミのある場所を覚えていて、遠くまで飛んでいきます。 大きなカラスは、他の鳥の食べ物を横取りすることも得意です。 カラスは自然界の掃除屋(スカベンジャー)の役割をもっています。 寒さや飢えで命を落とした鳥・動物・魚などの死骸を食べて冬を過ごします。 今年の大雪は、カラス含め鳥たちに多くの影響を与えたことでしょう。

野鳥に関する質問がありましたら事務局までお寄せください。いろいろなご質問をお待ちしております!